健康保険の利用について

 あん摩マッサージ指圧及び、はり・きゅうなどの施術を受けた費用が健康保険により支給される制度は、「療養費」と称され、病院などを受診するときの方法とは若干異なります。

 療養費制度を利用するためには、規定の症状に該当し、その症状について事前に「医師の同意書または診断書」が必要となります。

 また、療養費制度は原則償還払い(※1)の取扱いですが、利用者の負担を軽減するため、代理受領による委任払い(※2)という方法も広く認められています。

※1 償還払い
施術所等で施術料全額を支払い、後日世帯主からの申請により、世帯主に療養費を支給する方法
※2 代理受領による委任払い
世帯主から委任を受けた「はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師」が、療養費の請求及び受領について、世帯主に代わって保険者に直接する方法


生活保護医療について

 生活保護を受けている方は、早期に社会復帰できるよう医療給付というかたちで登録指定された治療院にて鍼灸治療が受けられます。

福祉事務所等で、鍼灸治療を希望し「給付要否意見書」をいただきます。

給付要否意見書の同意欄(裏面・別紙の場合あり)を医師に記入していただきます。

指定治療院にて同意記入された給付要否意見書を記入していただきます。

給付要否意見書手続きが承認されると、「生活保護法による施術費給付承認書」が指定治療院に交付され、健康保険と同様な治療を受けられます。


各種助成制度について

国民健康保険(75歳未満)

 国民健康保険に加入されている方は、各市町村役所または各支所・地域センターなどで、施術を受ける際に料金が一部助成される「はり・きゅう・あんま施設利用者証」の交付を受けることができます。

宮崎県後期高齢医療広域連合(75歳以上)

 宮崎県後期高齢医療広域連合に加入されている方は、各市・町・村役所または各支所・地域センターなどで、施術を受ける際に料金が一部助成される「はり・きゅう・マッサージ等施術料助成受療証」の交付を受けることができます。

宮崎県教職員互助会

 宮崎県教職員互助会会員の方は、お勤め先の事務(互助会担当)への申し込みにより、「針・灸・マッサージ等施術料補助券」の給付を受けることができます。
 申込書は、宮崎県教職員互助会ホームページからもダウンロードが出来ます。